医薬品、医薬部外品のOEM、ODM

国や都道府県の承認を得て効果効能を謳うことが可能な医薬品、医薬部外品ですが、実際に製品を設計から量産するまでには関連法規に基づいた開発や申請などの様々な手順が必要となり、時間や費用も多く必要となります。

魅力的な要素が多い反面、製品化が難しいこれらの製品のOEM、ODMを日本薬業では丁寧にアシストしながら行います。

ノンストップOEM、ODMの流れ

1

お問合わせ

お電話かメールお問合せフォームからお気軽にお問合せください。

2

お打ち合わせ

オンライン及びオフラインでお客様とお打合せし、ご要望やコンセプトについてお話しを伺いながら、製品についての方向性を検討していきます。

3

企画立案及びご提案

お客様よりご要望いただいたコンセプトに基づき企画立案し、製品の処方設計、剤形等をご提案致します。

4

試作品開発

合意いただいた内容で処方を選定し、試作品の開発を行います。その際、処方の承認の有無に応じて必要な手続きが変わってきます。
試作後、内容が確定しましたら薬事手続きを行います。

5

薬事手続き・申請

処方の内容、承認状況に応じて販売のために必要な申請手続きを行います。

6

パッケージ仕様・デザイン提案

製品仕様を決定。その後、コンセプトや訴求ポイントに合致したイメージでデザイン・仕様をご提案いたします。またパッケージの薬事校正も行っていきます。

7

最終見積の決定

最終仕様のお見積りを提出します。各リードタイムにあわせ、ご発注をいただきます。

8

製造

申請の承認後、製造管理・衛生管理の整った環境で、安定した品質の製品を製造します。

9

出荷・納品

品質管理体制のもと製品規格に基づいた厳しいチェックを行い、出荷・納品を行います。

※基本的には上記の流れに基づいてOEM、ODMを進めていきます。

効果効能が認められている分、申請には長期で時間を要することもあります。
そのような複雑な手続きも日本薬業は今までに培った経験と実績で適切なサポートを行います。