ノンストップOEM、ODMの流れ

1

お問合わせ

お電話かメールお問合せフォームからお気軽にお問合せください。

2

お打ち合わせ

オンライン及びオフラインでお客様とお打合せし、ご要望やコンセプトについてお話しを伺いながら、製品についての方向性を検討していきます。
システマティックレビュー、ヒト試験についてもご相談ください。

3

企画の提案及びお見積り

頂いた情報をもとに機能性表示食品届出に必要な情報を調査し、お客様のご要望に応じた様々な開発支援メニュー及びお見積りを提案いたします。
ご納得いただけましたら、受託契約を締結いたします。

4

製品の試作

処方が決まりましたら、試作品の開発を行います。製品処方が決定しましたら機能性関与成分等、各種届出に必要な分析を行います。
ほか、安全性調査、システマティックレビュー等、機能性表示食品届出に必要な届出書類の準備を行います。

5

パッケージ仕様・デザイン提案

必須の項目です。商品コンセプトに合わせてデザインの提案もいたします。お客様の準備されたパッケージデザインからの作成も可能です。

6

機能性表示食品届出

機能性表示食品届出に必要なすべての書式が整いましたら、お客様より消費者庁に届出していただきますが、届出時にもしっかりサポートさせていただきます。

7

機能性表示食品届出受理

機能性表示食品として受理されましたら、サポートはここで完了です。以降は商品を当社までご発注ください。

8

製造

健康食品GMP等、製造管理・衛生管理の整った各種認証をもつ工場にて、安定した品質の製品を製造いたします。

9

出荷・納品

品質管理体制のもと製品規格に基づいた厳しいチェックを行い、出荷・納品を行います。

※基本的には上記の流れに基づいてOEM、ODMを進めていきます。

機能への訴求が認められている分、受理までに時間を要することもあります。
そのような複雑な手続きも日本薬業は今までに培った経験と実績で適切なサポートを行います。